目の下のクマを取る方法

目の下のクマ

寝不足でもないのに目の下にできてしまうクマ。このクマが消えなくて困っている方はいませんか?目の下にクマがあると体調が悪そうに見えたり老けて見られたりします。そんな悩みのタネの目の下のクマを簡単に消す方法をご紹介していきます。

目の下のクマには大きく分けて3つの種類があります。

青クマは睡眠不足で血行が悪くなることによるクマで、多くの人が経験する青っぽいクマ。クマが青く見えるのは静脈が見えることからでもありますが、体調が回復したりお風呂上がりの血行がいい時はクマが消えることもあります。睡眠不足を解消することで改善する見込みがありますが、早ければ2、3日で改善することもあります。

黒クマは目の下にたるみができて影ができて黒く見えてしまうクマ。影が見えてしまうことから影クマとも呼ばれています。黒クマを解消するためには肌のたるみをとるためのスキンケアや顔筋体操をして表情筋を鍛えることも必要です。クマの下の皮膚を引っ張ると影がなくなるのでしたら黒クマと判断していいでしょう。肌の水分量を増やしたりコラーゲン補給することで改善を期待することができます。毎日のスキンケアでも手間をかけて地道に治していきましょう。

茶クマはシミが色素沈着してしまったクマで紫外線によるシミが残ってしまったり、強くこすることで茶色いクマができてしまったものです。スキンケアで皮膚を刺激しすぎない洗顔や美白化粧品を使って茶クマを消していきましょう。色素沈着してしまった茶クマはちょっとやそっとじゃ消せません。ターンオーバー促進を促して時間をかけて治していくことが必要です。

簡単に目の下のクマを取る方法とは

目の下のクマの取り方は血行促進を促すこと。目元は皮膚が薄いので基本的には温めることでクマも目立ちにくくなっていきます。温めることでたるみによる黒クマも改善させることができますので、アンチエイジングの意味でも温めることはとても効果的です。

眼輪筋のトレーニングも効果的です。眼輪筋という言葉を聞いたことがない方もいるでしょうが、眼輪筋というのは目を開く時、強く閉じる時に使う筋肉でここを鍛えることでたるんだ皮膚のハリを取り戻すこともできます。眼輪筋トレーニングは筋肉を使うことで血行促進にもなるので目の下のクマの改善だけではなく、予防の意味でも行なっていたほうがいいでしょう。

目の下のクマは毎日のスキンケアで解消していくことも可能です。目元は皮膚が薄く少したるんだだけでも影になりやすく、乾燥もしやすいので皮膚痩せを起こしやすいのです。目元のスキンケアでは潤いの十分ある化粧品を使い、時間をかけてしっかり保湿ケアしていきましょう。皮膚痩せにはアイクリームを使用すると効果的です。皮膚痩せが原因のクマはアイクリームを使うことで小じわやたるみのケアにもなるのでどの種類のクマにも効果を期待することができます。

関連:眉毛美容液ランキング